探偵業と調査員について

探偵業の調査員とは?

調査の人員

探偵社、興信所へ依頼を出すと、探偵本人または調査員が調査をすると聞いたことがるのではありませんか?
一般の人から言わせると探偵と調査員の違いが今ひとつ理解出来ていないのではないでしょうか。
「調査をしてくれるなら誰でもかまわない」と思っている人もいるかもしれません。
しかし、これは危険な考えで、更に損をしてしまう可能性があるのです。

 

探偵事務所や興信所に勤めている人間は一人ではありません。一つの事務所に複数人の探偵が所属していることもあれば、探偵が一人の探偵としてではない事務所のスタッフや、探偵の調査を補助するスタッフなど複数の人間が勤めています。

 

そして、調査員と呼ばれる人は探偵として専門的な知識や技術を探偵学校などで勉強してきたいわば、探偵のタマゴと呼べる人材が担当することもあれば、探偵事務所で素人の人間を一から教育しながら調査員となった人材まで、様々な条件の調査員がいます。

 

この調査員の出来、不出来は依頼の達成率に大きく影響することをご存知ですか?
探偵の調査とは基本的な尾行や、張り込みなどで2人から4人でおこないます。そして探偵は一つの依頼を受ける、または継続して行うことが出来ない場合もあるので、調査員の中に探偵が含まれないことがたまにあります。そんな時に探偵がいなくても一定以上の成果を達成するだけの能力をもった調査員が必要になります。
そこで、探偵は積極的に調査員の教育を行い、探偵の技術を教えます。

 

依頼を成功させること、依頼主が求める情報を渡すことが出来るて、依頼が完了するのです。
調査員となった人たちは探偵から多くのことを学びそして、技術を日々磨いて仕事に臨んでいます。
依頼主は依頼を出す探偵社・興信所に勤務する探偵を見るだけではなく、そこで働く調査員のことも事前に調べて調査依頼を出すことが望ましいでしょう。

ホーム サイトマップ